BILL JET CITY

雑記、

タリーズカードを持ち歩かなくてもタリーズでお得にコーヒーが飲める

スペシャリティコーヒーのカテゴリで、自分はスターバックスよりもタリーズが好きだ。ブレンドを飲むならどちらでも変わらないが、カフェラテを飲むのであればタリーズのほうが美味しいと感じる。

 

タリーズもかなり電子マネー及びクレジットカード決済がここ数年でできるようになってきた。タリーズでお得に決済する方法としては

  1. クレジットカード(大体1%程度の還元)
  2. 電子マネー(大体1.5%程度の還元)
  3. タリーズカード (1ドリンク10円引き、400円なら2.5%の還元)

となっているのでタリーズの利用が多い人は、タリーズカードが1番お得だろう。そしてタリーズカードにはクレジットカードでチャージができる。なのでタリーズカードの約2.5%に大体1%の還元がついて3.5%程度で利用できる。

タリーズカードはオートチャージ機能がついている(VISAもしくはMaster)なのでオートチャージを設定してタリーズカードで購入するのが1番お得だろう。

 

さて、自分は財布の中にカードを入れるのが好きではない。でもポイントの探求は好きだ。矛盾をしているがルール化や自動化などをおこなってその条件下で最大限にお得にしたいと考えている。中途半端だ。持ち歩いているのがクレジットカードとタリーズカードの2枚。なおTポイントカードとPontaカードもスマホアプリで対応している。Tポイントカードは物理的なカードがないと付けてくれないところが多いがそういうときは潔く捨てている。(近所のスーパーがTポイント付くがモバイルTカード対応してくれないのが残念)

 

タリーズカードの読み込みはバーコードもしくは機械を通す方法のようだが、バーコードが読めるのであればと、バーコードを撮影したものを提示した。そうしたら普通に対応してくれた。なのでそれ以来タリーズカードを持ち歩かなくてよくなった。

 

Android Payにある、パスにタリーズがあったので登録。iOSはわからないです。

iLUMINEの送料が改悪されてしまった

2018年9月3日から、iLUMINEの送料が改悪されてしまった。3,000円以上の注文で送料無料から、一律200円。これはZOZO TOWNの追従だろうか。

 

LUMINEカード愛用者としては、iLUMINEは別に他のファッション系のECサイトに優れているところはないのだけれども、LUMINEカードの特典(5%off)が利用できるのと年に数回ある10%offが利用できて非常によかった。

 

送料の値上げはわかる。実際結構法人でも強気の値上げ交渉を受けている。自分も仕事柄、運送会社とのやりとりがあるけれどもどこも強気の値上げ交渉である。一律200円でも十分安いとはおもうけれどもね。

 

ちなみにメーカーは結構在庫の自動管理をやっているようで、自社ECとZOZO TOWNとiLUMINE(とほかもだろうが)で在庫と金額があっているケースが多い。複数のECサイト上でそれぞれ独自のキャンペーンをやっているが、その3つをきちんと使い分けると同じものが安く買えますよ。

 

自分はよくLUMINEの10%オフのキャンペーンを利用して購入することが多いです。LUMINEカードは年会費が約1,000円取られますが年間10,000円以上のお買い物が損益分岐点です。スニーカー一足ですね。

 

iPhone SEが最高傑作だって??

iPhone SE、iPhone SE2が9月に発表か?という噂のもと、結局は発売されず、iPhone Xが終了しiPhone XSとなり、廉価版の位置づけでiPhone XRとiPhone8だろうか。

 

画面大型化の流れは止まらない、小さい端末好きな人もどこかにいってしまった。iPhone4Sが販売終了するときにも、同じ声が聞こえた。特にジョブズが最後に関わっただろうと言われるiPhone4Sは当時は名機扱いされていたが、結局の所は思い出フィルターなのだろう。

 

Androidが画面の大型化で一歩先をゆくが、徐々にiPhoneも大型化に。しかし高い。ノートパソコンより高いスマートフォンになってきた。みんな買うのかな?

 

自分は第4世代のApple watchが非常に気になっている。XperiaとiPhone8の2台持ちでXperiaがメインだけれども、Apple watchが使いたい。何を使いたいかというとsuica使いたいだけなんだけどね。

 

話かわって、Xperia。余り台数は売れていない。台数を目標にしていないというけれどもハイエンドオーディオとは違って、コモディティされた端末買い替えサイクルが短いデジタル製品だ。スケーラビリティがある程度必要だろうと。スケールしない分を価格に転嫁されると、相対的に費用対効果が下がってしまう。

 

XperiaのフラッグシップのXperia XZ3が発表された。ほぼフルモデルチェンジにちかい。カメラが1個を除くと大体世の中の最新に追いついた感じがするし、気合は感じる。XZ1はフルモデルチェンジで気合を入れていたが、XZ1は変化感はないし、XZ2 premiamは無理やり感は否めなかったが、XZ3は期待をしたい。撤退しないだろうか、最後に乗ってみるか的な購入ばかりしているが、、買ってみよう。カメラはデュアルでなくともよいのだが、各社スペック押しをしているのでなんとな押し返してもらいたいものだ。

 

AndroidはHUAWEY P20 Pro一択感がなくはなかったが、Googleといい2018年秋冬は少し楽しみだ。

 

税金対策できないサラリーマンの抵抗的な節税対策

土日の体育館の利用などが団体利用で、個人利用は平日。

一度平日にいったら、高齢者の井戸端会議のようになっていた。

最近は土曜日もたまに役所は空いているが原則サービス業なのに空いていない。

 

結構高額な住民税を納めている層へのサービスって悪い。

ふるさと納税は、ある程度所得があるサラリーマンのほうがメリットが有る。まあそういうことだ。世間では色々いわれているけれども、ふるさと納税はよい制度だよね。

 

税金対策できないサラリーマンの抵抗的な節税対策

ある程度の所得がある前提で現実的で無駄な手間がかからないもの(医療費が高額でもないが医療費控除の為にレシート集めまくるとか、サラリーマンのスーツ代を認めてもらうとか)

1番効果的なのはidecoなのだが、企業型確定拠出を実施している企業だと規約などを変えてもらえないと難しい。実施していない企業であればフルに活用すると、長期でキャピタルが期待できる投資信託などを買っていれば、かなりの節税効果もしくは運用パフォーマンスになる。

 

住宅ローン控除。還付を目的として家を買うという選択肢もある。間違った物件と、身の丈にあった物件を買っておけば、賃貸よりもメリットはあるし、10年間は還付がある。10年以内にうって次に引っ越すというのがよい。

 

ふるさと納税。自宅で自炊しないのとお酒を飲まないので水と果物くらいしか買うものがない。手間をかけられる人はオークションで転売だろうか。お酒などはそれなりに売れる。様々な控除をすべて計算したうえで、対応する(住宅ローン控除、保険料控除など)

 

生命保険料控除。数年前に改悪されてしまったが元本保証の貯蓄型生命保険で、10年後に解約のものだと生命保険控除と、外貨建てであれば為替リスク無視すれば3%くらいで回ってくれる。外貨建ての貯蓄型生命保険なんて色々いわれているが、目的が生命保険控除。ピッタリ年間8万円になるように購入。8万円の保険料で4万円の所得税控除と、5.6万円で2.8万円の住民税控除。所得税率20%だと大体1万円位戻ってくる。利回り3%で10年で考えると初年度は12%+3%。翌年以降は3%の複利。個人的に住宅ローンを組んでいれば生命保険はいらないか、8万円の内訳で掛け捨てに入るくらいだろうか。自分は住宅ローンを組んでいるので生命保険は貯蓄型のみ。

 

個人年金保険料控除。これは2018年に改悪されてやる意味はなさそうだが、これも余計なものをついていないものを選択してピッタリ年間8万円になるように購入。利回りは小さいことが多いが、初年度はやっぱり12%+数%。資産運用としてはフォーマンスが悪いが税金を取り戻すという意味合いで。

 

介護医療保険料控除もあるが、よい商品がなかったので見送る。

 

あとだんだんグレーになってくるが、扶養を意図的に増やす。副業OKならば小規模企業共済。

 

だいたいこのくらいしか無い。これ以上だと不動産所得のところで色々やってくれる企業がある。よくある「不動産投資で税金取り戻しませんか」的な怪しい不動産投資の営業だ。ただそれをするなら自分でやって、利益を出したほうがいいんじゃないかとは思っている。

 

なにかよいやりかたがあったら教えてください!

 

日本のインフラと、復旧の速度はすごい。

今週のお題「わが家の防災対策」

 

家族と集合場所を決めている。

節約のために自宅に500mlのペットボトルの水を常時ストックして毎朝そこから一本もって出社している。カセットコンロを用意している。玄米をストックしている。

 

玄米と水とカセットコンロがあれば多分1ヶ月くらいは生きられるだろう。

 

あとは健康に気をつける。今はおかげさまで健康だ。

 

日本のインフラと復旧はすごい。少なくとも山の中で陸の孤島にならなければきっと数日である程度回復する。飢餓でなくなることはない。このカロリーが余りまくっている日常生活でダイエットができるチャンスくらいでよいのではないだろうか。

 

3.11のときは代々木にいた。家族も居なかった。その日は電車が完全に止まっていたし、大量の人間が国道を放射状に自宅に向かって散っていた。あの日、東京は電気は止まっていなかった。

 

ほとんどお客さんの居ないチェーンの居酒屋で飲み会をした。電気が止まっていたら結構パニックだっただろう。きっと会社で19時位に寝ただろう。

一部エリアの電気が一週間復旧しなかったら、ちょっといいホテルに泊まりにゆくだろう。もしくは会社を休んで旅行だろうか。そのくらいポジティブに付き合うと気が楽だなと。思う。

 

あっ、SEOって難しい

SEOとは長い付き合いだ。

 

背景色と同じ文字色のキーワードの羅列の時代。見出しタグを使ってコーディングをする時代。古いドメインを使う時代。ページランク高いところからリンクを張ってもらう時代。外部リンクを買いまくる時代。丁寧にaltタグを埋める時代。無駄にページを増やしまくる時代。とにかく文字数を突っ込む時代。無駄に作ったページを減らす時代。低単価でいっぱい記事を書いてもらう時代。高単価でまともな記事を書く時代。

 

様々な時代があった。

 

パンダとか、ペンギンとか、マット・カッツに騙され続け、ナマズを毎日眺めながらGRCで検索されないワードで1位をとって喜んだりしていた。サイトマップを作らされたり、モバイルリンクだと言われれば対応し、ページネーションだと言われれば対応し、構造化だと言われれば対応し、スマホクローラー対応しろと言われれば対応し、ページ速度を無駄に上げたり、画像を全部くっつけてみたり、1kb単位で最小化してみたり、CSSを全部外部ファイルじゃなくしてみたり、遅延ロードさせてみたり、SSL対応しろといわれてみたり、AMPしろといわれてみたり。

 

5年以上前に、googleは人を雇って目で検査をしていた。今はどうなっているかわからないが、AIの進化により人間が判断するように判断しているのだろう。

 

やっとコンテンツの時代だとなったけど、医療系の炎上があって数年間は大混乱しているし、徐々にネットのフィールドにリアルの大企業が入ってきたし、出版やメディアもだいぶ入ってきた。個人のアフィリエイターも趣味じゃなくてプロだし、企業側も本気だ。SEOコンサルみたいなのはなんか結構減ったけど。

 

久しぶりに新しい領域で遊んでみた。趣味系だ。それも広告先もなければ売り物も売りにくい。売り物単価も低い趣味の領域だ。比較的容易だった。上位表示が容易だった。でも全く儲からない。それなりに品質の良いものを提供できたと思っている。

 

そこで、ポイントとかクレジットカードの周辺領域もやってみたのだが、これがまたプロアマ玉石混交のリッチコンテンツで殴り合っていて全く入り込む隙間がない。どのサイトもきちんとコンテンツが作り込まれていて非常にわかりやすい。

自分が作ったブログは、インターネットの塵となっただけだった。いや無駄なサーバー容量を食っている数KBの情報。宇宙の星の一つ的な感じ。

 

素晴らしいインターネットになった。と思った。

賃貸 vs 持ち家

よく話題になるし、ホリエモンはホテル住まいだそうだ。

その生活は自分も理想であった。今は60平米を超えるマンションに住んでいるがモノはほとんどない。ただ愛でている植物がたくさんある。

 

賃貸 vs 持ち家の比較は無限の条件があるから難しい。

概ね、賃貸メリット出す場合、条件悪い持ち家がでてくる。ターミナル駅から1時間で駅徒歩15分とか。それは賃貸と持ち家を比較する上では買ってはいけない物件だ。

また持ち家の場合、住み替えのオプションが削られている。引っ越しができない?貸すか売るかして引っ越せばいい。

 

例えば比較すべきは例えばターミナル駅まで15分の駅徒歩10分以内の物件などだろう。合理的な判断をなんと置くかだが、10年住むなら持ち家のほうが合理的に考えると総出費は少ない場合が多い。

なぜならば、その家を買って貸している人は大体の場合、運用としてはプラスになっているから。運用としてマイナスになる物件は大体の場合、意味がない。

 

面接で聞かれたときにぜひ合理的な説明として使ってほしい。

 

なお自分はマンションを10年以上前に購入した。理由は①動物を飼いたかったから、②引っ越しをするのが面倒くさいから、③少しでも税金を取り戻したかったから

でも来年植物達を引き連れて引っ越します。猫が天国にいってしまったから。